クソジジイ記念日~思春期にアロマケア~

すごく美味しくて元気が出る、娘ごはん。

そんな健気な、もろ長女気質なうちの長女。

気づけばもう6年生。 思春期到来です。

数日前、我が家もついに迎えた、

『クソジジイ記念日』

👏✨✨

11才の娘が、生まれて初めてパパに向かって泣きながら叫んだ。

『ウルサイ!!クソジジイーーーーっ!!』

…わたしまで心がスーッとしたね👍

よっ!!!おみごとーーー!!!!✨✨

いや、なんか胸が熱くなって涙がでました。
感動、ってやつです。

成長したなと。

思ったことを言えて偉いね! と褒めましたよ。

親に気を遣うコなので、安心しました。

…親が気を遣わせてしまってるってことなんだけども😥

でも、ちゃんと成長してますね。

クソババアがきたら本気でキレると思うけど(笑)、クソジジイはいくらでもやって👍

だけど、実は思っています。

ワンオペ育児で苦労する私を常に気遣い続けて生きて来た、このムスメ

クソババアと言えたときが本当の、

彼女の個人としての、始まりなんじゃないかな。

まあとにかく何につけてフキゲンな!!このお年頃ですが、

とにかくアロマが救いになります✨✨

本人も、なぜだかわからないイライラや不満。

アロマバスを用意してあげると、ふわぁっと緩んで上がってくるし、

わたしのバスボムコレクションの中から好きなバスボムを選んで使っていいよ、なんて言うとガミガミ悪魔からもうぱあ~っと、しあわせ天使モードになります。

何より素敵なのは、タッチング💡

お子さんの好きな香りで、なでるだけでも良いのでマッサージ✨

いま、触らせてくれる習慣を保つ、最後のチャンスかもしれません。

皮膚感覚はまだまだとても豊か。

そこから100パーセント以上のものを受け取り、栄養にする力を持っていると思います。

まだ、親のタッチングを意識的にも求めている段階ですよね☺

でも素直に言えなくなってくる。

本人も苦しさやもどかしさがあると思います。

イライラや憤りで気も消耗するし、疲れてます。

思春期の始まりのとびらは開いたばかり。。

アロマでエキを補って、タッチングで営気を養ってあげましょう!

あげたいところです。。

やろう。。

うん、やろう、ちゃんと。。

時間を割いて、やります。。

これからの世界を創っていくのはこのひとたち。

そのひとたちに関わるという責任の大きさとありがたさを忘れがちな毎日だけど、

このひとに時間をかけて手を当てる、ということにはそれだけ大きな意味があることなんだなと、改めて思います。

おすすめ記事