乳児湿疹??

赤ちゃんのお肌はすべすべつるつる…


というイメージが強いけれど、ガサガサ、ジュクジュク、に悩まされることも少なくありません。


とっても薄くて繊細な赤ちゃんのお肌は、ちょっとした外的・内的要因でトラブルを起こしてしまいます。


わが子の場合ですが、ある日突然ほっぺたが真っ赤に炎症を起こし、ジュクジュクしてべたべたする汁が出てきました。


頬っぺたと言えば小麦が原因でトラブルが起こる箇所です。


母乳のみなので、私は小麦を控え、ローズのハイドロソルとシアバターで保湿をこまめにしました。



頬っぺたは肺に対応している箇所でもあります。



それでだと思うのですが、肺に粘液が絡みつくようなゼロゼロも始まりました。


ゼロゼロ言う時にイトオテルミーという温熱療法のようなもの(詳しくないのですみません(^^;))で肺のあたりを温めると、不思議とすっとゼロゼロ音が収まります。


併せて、頬っぺたの赤みも少し落ち着くようでした。



そのようにケアを繰り返し、5日もたてば頬っぺたはツルツル真っ白になりました。


早いですよね、回復。若いから。。。!!!


この子の場合はアレルギー傾向だと思います。



この後も、母乳を上げる私が前日私が食べたものによって、赤い湿疹が出たり、を繰り返しています。



しかし、ケアしながらすごくひどくなることもなく、ストレスになりすぎない程度に良い意味であまり気にせず付き合えています。



ローズを使いましたが、月桃も有名ですね。


松の葉を煮出して作るローションも有効だと言われます。

簡単に作ることができます。



こういう方法を、病院にかかるほどになる前に試してみることができたらお母さんの心の負担も減るのではないかと思います。



肺をサポートしてくれるのは白くて絡みのある、根っこの食材です。


ダイコン、しょうが、たまねぎ、レンコンなど…



皮膚にトラブルがある時はぜひ、皮をむかずに調理して食べてみてください。





赤ちゃんのお肌問題はお母さんには本当につらいですよね。。


色々なケアを試みる選択肢、情報が広まると良いなと思います。







おすすめ記事